「時計趣味」×「サラリーマンの司法試験(予備試験)挑戦」×「(凸凹)遠距離夫婦生活」×「スポーツカーライフ」

令和元年

昨日は新しい時代の幕開けでしたね。

私の「令和初メニュー」は、昨日の寿司店の大将さんが持たせてくれた、豪勢なちらし寿司でした↑(休店日の前日だったので、ネタのお魚が余っていたみたいで、作ってくれました)
こんな豪勢なちらし寿司、なかなか食えんわw

丸一日「予定なし」の日でしたので、学習日とするつもりでしたが、あまり勉強は進まず。
めずらしくテレビをつけて、新天皇陛下即位関連の特番を見ていました。

個人的に印象的だったのは、これまで見かけることの少なかった、雅子様の穏やかな笑顔ですかね。最近はお健やかな日々が続いているようで、ずっとご健康でいて頂きたいなーと思いました。
あと、こうやって新しい時代の到来をお祝いできるぶん、天皇陛下が生前退位されるのって悪くないんじゃないか、なんて思いました。

<今日の学習> インプットの復習(民法)、1.5時間
<総学習時間> 641.25時間

<ニュースより:時事>

安倍首相 新天皇陛下に国民を代表し挨拶 – 日テレニュース24

リンク先の記事の動画に映っている安倍さん↑。

拡大すると

……決してファッショニスタを気取るワケではないのですが、
この厳かな儀式で、しかもスタンドカラーのシャツで、「クリップ留めのボウタイ」を合わせるのは恥ずかしくないか?、と思いました。笑

皇位継承資格、3人のみ 女性・女系天皇、政権は消極的 – 朝日新聞デジタル

私も、もともとは何となく「日本の皇族はこれまでずっと男系男子で続いてきたわけだし、今後も男系男子で続けていくべきでは?」と考えていましたが、最近のいろいろな報道を見ていて、考えが変わった気がします。

というのも、かつてのように元服後すぐに結婚し、何人も側室を抱えることができた時代ならばともかく、今の時代、皇族の方がそんなにたくさん子供を作るのも難しいわけで。そうすると、「男系男子だけしか皇位継承できない」っていうこと自体、もう今の時代に合ってなくない?、という議論は、考えてみれば説得力があるなと。
このままいくと、将来悠仁様のお妃になる女性に「男子を産んでほしい」という国民全ての期待がかかる状況になるわけですが、それは悠仁様とそのお妃様にあまりに酷だろう、と思います。
そう考えると、今後子孫を残す可能性のある男性皇族が悠仁様お一人だけになってしまっている時点で、男系男子にこだわる考え方って実はもう破綻してるのでは?、と思えます。

まぁもっとも、日本会議に牛耳られた安倍政権ですから、あくまでも男系男子にこだわる考えを変えないでしょうが……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。